診療内容

にきび

どうしてにきびはできるのか

にきびは、性ホルモンの影響などで皮脂腺が発達し、皮脂が多すぎて、毛穴の出口がつまったりすることで、毛穴の外に皮脂が出られずにたまってしまうことから始まります。この状態を「コメド(面ぽう)」と呼びます。

コメド(面ぽう)の内側は、アクネ菌にとって発育に適した環境になっており、コメド(面ぽう)の中で菌はどんどん増えていきます。増えすぎた菌に対抗するために免疫が働いて炎症を起こすため、にきびは赤く腫れあがっていきます。

正常な肌
にきび

にきびの種類

にきびの種類はその状態によりさまざまです。

にきびの状態によって治療方法も異なるため、悪化したり、にきび痕が残る前に皮膚科に相談しましょう。

炎症のないにきび

マイクロコメド(微小面ぽう)

目に見えない段階。

毛穴の出口が狭くなり、皮脂がつまり始めている状態です。

マイクロコメド(微小面ぽう).png

コメド(面ぽう)

[白にきび]

白にきびは、皮脂が毛穴につまった状態です。

ポツンとした小さな白い点に見えますが、見逃してしまう場合もあるかもしれません。

皮膚の内側では、毛包(もうほう)が広がるとともに、アクネ菌が増え始めます。

白ニキビ.png

[黒にきび]

黒にきびは、白ニキビの毛穴が開き、メラニン色素や酸化された皮脂などによって黒く見える状態です。

シミや小さなホクロのように見えたり、不潔な印象を与えたりするため気になる人も多いです。

黒ニキビ.png
コメド(面ぽう)はにきびのはじまり・・・

コメドとは、にきびのはじまりである毛穴がつまった状態のことです。

毛穴がつまっているため、触ると肌がざらざらした感じがします。

コメドを放っておくと、「赤にきび」「黄にきび」が増えてしまう可能性があります。

炎症を起こしたにきび

赤にきび

赤にきびは、白にきびが悪化し、炎症が起きた状態です。毛包(もうほう)では、増殖したアクネ菌が盛んに活動しています。炎症を引き起こすさまざまな物質が、つくられてしまいます。

赤ニキビ.png

黄にきび

黄にきびは、赤にきびがさらに悪化し、炎症が激しくなった状態です。てっぺんに黄色い膿(うみ)が見えるため、黄にきびといわれたりします。

皮膚の内側では、アクネ菌が作った酵素が薄くなった毛包(もうほう)の壁を壊し、炎症を起こす物質が一気に毛包の外へ出てしまい、にきびの炎症がまわりに広がってしまいます。

黄ニキビ.png
にきび痕(あと)を残さないために皮膚科へ

にきびの炎症がひどくなったり、むりやり自分でつぶしたりすると、毛穴のまわりの組織も壊されてしまい、元に戻らずににきび痕(あと)として残ることがあります。

コメドの段階で治療ができるように!

皮膚科でのにきび治療は、この数年で大きく変化しました。
従来は、抗菌薬によりアクネ菌を抑える治療が主流で、炎症がおきたにきびしか治療できませんでした。

しかし最近では、塗り薬によってコメドの治療ができるようになりました。コメド治療をすることで、にきびのできにくい“つるっとした肌”に近づくことが期待できます。

アリオ北砂皮フ科・アレルギー科
にきびの治療

にきびをくり返さないためには、コメド(面ぽう)と赤にきびとの両方にアプローチすることが大切です。

にきびの種類や状態はもちろん、体質や生活習慣、ライフスタイルによって治療方法は違ってきます。

​外用薬

外用過酸化ベンゾイル製剤

毛穴のつまりやコメド(面ぽう)も改善し、にきびの原因菌が増えるのを抑えます。

白にきび、黒にきびや赤にきびに効果が期待できます。

外用レチノイド

毛穴のつまりやコメド(面ぽう)を改善します。

主に、にきびの前段階であるマイクロコメド(微小面ぽう)から白にきび、黒にきびや赤にきびに効果が期待できます。

抗菌薬

赤にきびに効果が期待できます。

内服薬

抗菌薬

赤にきびに効果が期待できます。

 

ビタミンB2・B6

皮脂の分泌を抑える効果が期待できます。

漢方薬

補助的に使用することがあります。

その他(自由診療)

成人女性の難治性にきびにホルモン治療も行っております。

処置

コメド(面ぽう)圧出

専用の器具を使って、毛穴からつまっている皮脂や角質などを取り除きます。

当院では積極的に処置を行っております。

繰り返すにきびでお悩みの方は多いです。
一人で悩まず、皮膚科医にご相談ください。