診療内容

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。

皮膚のバリア機能が低下しており、幼少期~学童期に発症します。

成人しても症状の改善が見られない場合もあります。(成人型アトピー性皮膚炎)

症状は、肘や膝の内側、首、わき、など、こすれやすい部位に出やすく、顔にも出やすいという特徴があります。

年齢による症状の違い

アトピー性皮膚炎の皮膚の症状は、乳児期、小児期、思春期~成人の3つの時期によって、症状のでる場所などが違ってくることが多いです。

乳児期

乳児期のうちは、顔、頭、首などに出やすく、ひどくなると全身にひろがります。

 

小児期

手足の関節の部分やお尻の部分、ひっかきやすいところに出やすくなります。

ザラザラガサガサした乾燥性の湿疹が目立つようになります。

子どものアトピー性皮膚炎は成長とともによくなっていくことが多いと考えられています。

 

思春期~成人

下半身よりも上半身で発疹がよくみられ、顔、首から胸にかけて、背中などに発疹が強く出る傾向があります。

成人に持ち越した場合や成人発症の場合は、慢性に経過しやすい傾向があります。

アトピー性皮膚炎の段階

アトピー性皮膚炎の症状には、皮膚がカサカサして乾燥しているという状態から、皮膚が硬くゴワゴワになったり、腫れてジュクジュク汁が出るといった症状まで様々な段階があります。

これを「それぞれの皮疹の重症度」と考えます。

それぞれの皮疹の重症度

軽微

  • 炎症症状はほとんどなく、乾燥症状がみられる。(カサカサしている)

 

軽症

  • 乾燥および軽度の紅斑(赤み)

  • 鱗屑(皮が剥けてカサカサした状態) など

 

中等症

  • 中等度までの紅斑(赤み)

  • 鱗屑(皮が剥けてカサカサした状態)

  • 少数の丘疹(皮膚表面が小さく盛り上がった状態)

  • 掻破痕(掻き傷)など

 

重症

  • 高度の腫脹/浮腫/浸潤(ブツブツ、ザラザラ、ゴワゴワ)ないし苔癬化(たいせんか:ごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態)を伴う紅斑(赤み)

  • 丘疹(皮膚表面が小さく盛り上がった状態)の多発

  • 高度の鱗屑(皮が剥けてカサカサした状態) 、痂皮(かひ:かさぶた)の付着

  • 小水疱(小さい水ぶくれ)

  • びらん(表皮がはがれた状態)

  • 多数の掻破痕(掻き傷)

  • 痒疹結節(かゆみのある豆粒大の発疹) など

アトピー性皮膚炎になりやすい体質

アトピー素因がある方はアトピー性皮膚炎を発症する可能性が高まるので、より一層のスキンケアと治療が重要となります。

アトピー素因

① 家族にアレルギー疾患にかかった人がいる

② 自身がアトピー性皮膚炎以外の気管支喘息やアレルギー性鼻炎・結膜炎などの既往歴がある

③ IgE抗体を産生しやすい体質

かゆみの悪循環

「乾燥しやすく皮膚のバリア機能が低下しやすい体質」と「アレルギーになりやすい体質」が影響しあって、赤みやかゆみ、湿疹などといった症状が起こります。

かゆい→かく→悪化→かゆい→・・・ というかゆみの悪循環を繰り返し、全身の湿疹に至ってしまいます。

かゆみの悪循環

  1. 皮膚が元々乾燥しやすく、バリア機能が弱い

  2. 皮膚からアレルギーの原因物質(ハウスダストやダニ、食べ物の破片など)が侵入する

  3. アレルギー反応が起こりかゆくなる

  4. かいて皮膚に小さな傷がつく

  5. そこからアレルギーの原因物質が侵入する

  6. さらにかゆくなる

皮膚のバリア機能の低下

皮膚は、体の外と中を分ける境界線です。

健康な皮膚は、一番外側にある角質層がバリアとなって、皮膚の中の水分が必要以上に外に出て行くことを防ぐとともに、外から細菌や刺激物などの異物が進入するのを防止しています。

アトピー性皮膚炎の皮膚は、このバリア機能が低下しているため、水分が外に出やすく、乾燥してカサカサしています。そのため、皮膚に隙間ができやすく、外から細菌や刺激などの異物が進入しやすい状態です。

異物が侵入すると、皮膚の中で免疫に関わる細胞がそれを感知し、炎症を起こす物質を放出します。

その結果、湿疹やかゆみを引き起こすことになります。

健康な皮膚

皮膚がバリア機能を担っており、外からの物質の侵入を防いでいます。

乾燥している皮膚(アトピー性皮膚炎)

皮膚のバリア機能が弱まり、外からの刺激を受けやすい状態です。炎症が起きやすく、湿疹やかゆみを引き起こします。

アトピー性皮膚炎の治療

症状に合わせて「スキンケア」「薬物療法」「光線療法」「悪化要因の対策」などを組み合わせて治療を行います。正しい治療を行うことで症状をコントロールして、湿疹などの症状が出ない状態を目指します。

 

アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、長年、治療を受けているのにも関わらずなかなか治らない・・・とお悩みの方が多くいらっしゃいます。しかし、実際には、外用薬の塗り方や塗る量が間違っていたり、適切な指導を受けられていないことで症状が長引いていることが多いです。

当院では、アトピー性皮膚炎に対する正しい知識をお伝えするとともに、患者さん・保護者の方がスキンケアの手技を身につけることができるように丁寧にご説明しています。

スキンケア

アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚は、乾燥しバリア機能が低下しているので、皮膚を清潔に保ち、きちんと保湿することがとても大切になります。

年齢やライフスタイルに合わせたスキンケア方法、注意点を診察時にご説明いたします。

薬物療法

ステロイド外用薬

薬物療法の中心は、ステロイド外用薬による皮膚の炎症抑制となります。

ステロイドは、アトピー性皮膚炎での炎症(赤み、かゆみ、じゅくじゅく など)を改善するお薬です。

皮膚の炎症を抑えるにはステロイド治療薬に勝るものはありません。

皮膚炎の部位や炎症の強さに応じ、ステロイドの種類や塗布回数などを調節します。

ステロイドについて正しい知識をもちましょう!

ステロイドに対して怖いイメージをおもちの方もいるかもしれません。ステロイド外用薬は正しく使用すれば、副作用は最小限に抑えられます。恐がってきちんと塗らないと十分に炎症を抑えることができず、かえって使用期間、使用量が増えてしまいます。

お薬の塗り方や副作用、注意点については、診察や処置の際に詳しくご説明いたします。

プロトピック軟膏

アトピー性皮膚炎での炎症(赤み、かゆみ、じゅくじゅく など)を改善するお薬です。

炎症を抑える強さは、ミディアム~ストロングクラスのステロイド外用薬と同程度とされています。

ステロイド外用薬では効果が不十分な場合や、ステロイド外用薬による副作用が生じる可能性がある場合などに使用します。

光線療法

紫外線の中の特殊な波長だけを照射することで、皮膚の炎症を抑え症状の改善をめざす治療方法です。

この波長は、皮膚の深いところまで入っていきますので、治りにくいとされている皮膚の病気に有効とされています。塗り薬などで十分な治療結果が得られないような皮膚疾患の改善にも期待できます。

アトピー性皮膚炎では、スキンケアや外用薬による治療が基本となりますが、光線療法を併用することで、外用薬を使う量や回数を減らすことができる場合もあります。

悪化要因の対策

アトピー性皮膚炎は、多くの悪化要因が重なっている場合が多いです。

そのため、スキンケアと薬物療法を並行しながら、悪化要因の対策を行うことが大切です。

悪化要因を知るために、アレルギー検査を実施することもあります。

 

[悪化要因の一例]

  • 特定の食べ物

  • 発汗

  • 掻破(掻くこと)

  • 細菌・真菌

  • 化粧品

  • 石鹸、洗剤、シャンプー、リンス

  • プール

  • 温泉

  • ゴム

  • 布・衣類の刺激

  • 強い日光

  • 乾燥

  • 温まること

  • 動物の毛、昆虫

  • ストレス など

ステロイド外用薬の使用について

ステロイド外用薬を使用したの治療法には「プロアクティブ療法」と「リアクティブ療法」の2つがあります。

アトピー性皮膚炎の治療において、プロアクティブ療法が主流になりつつあります。

どちらの方法を選択するかは、重症度にもよりますので診察時にご説明いたします。

プロアクティブ療法

プロアクティブ療法とは、ステロイド外用薬を使用して皮膚をつるつるの状態にしてから、薬の使用回数を減らして、副作用を最小限におさえる方法です。皮膚炎がひどくなった時だけでなく、消失した後も定期的にステロイド外用剤を塗布することで皮膚炎の再発を未然に抑制し、最終的に保湿剤によるスキンケアのみでつるつるを維持する治療です。

リアクティブ療法

皮膚炎がひどくなった時にだけステロイド外用剤を塗布し、皮膚炎が消失し寛解状態になったら保湿剤だけで維持し、皮膚炎の再発があった場合のみ再びステロイド外用剤を塗布する治療です。

アトピーの治療を続けているのに、なかなかよくならない・・・とお悩みの方もご相談ください。
最新の知見に基づいた治療をご提供いたします。

アリオ北砂内科

アリオ北砂3階

3階

クリニック代表TEL:03-6666-2014

平日の15:30〜16:00はアリオ館内スタッフを優先的に診察いたします。

休診日:火曜・金曜・祝日

オンライン順番取り受付時間帯は下記となります。

◇月・水・木:午前10:30~13:00/午後16:00~18:00

◇土・日:午前10:30~13:00/午後16:00~17:00

オンライン順番取り有効な時間帯は以下の通りです。

◇午前分:13:30まで

◇午後分:平日18:30まで/土日17:30まで

直接ご来院いただき、クリニック前の自動受付機にて順番取りしていただくことも可能です。

〒136-0073 
東京都江東区北砂2-17-1 アリオ北砂3階

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
Copyright©アリオ北砂皮フ科・アレルギー科 All Rights Reserved.